敏感肌の洗顔石鹸

敏感肌とは、肌を守る機能が低下している状態をいいます。 肌には水分を保ち、肌を潤う働きがあります。 これは肌を外部の刺激から守るのですが、敏感肌はこの水分を保つ機能が弱い状態です。 その為、カサカサやぶつぶつといった様々な肌トラブルを引き起こします。

では、敏感肌に合う洗顔料とはどういったものでしょうか。 それはまず、洗顔料に合成添加物、鉱物油が含まれていない物を使用します。

敏感肌は、軽い洗顔の方がいいと思われがちです。 しかし、肌に残った汚れやメイクは落とさないと、敏感肌は悪化していまいます。 敏感肌にあった石鹸は、動物性の固形石鹸が良いでしょう。

保存料や合成添加物は使用せず、泡立ちがいいので肌の汚れをしっかりと落とします。 洗い上がりもしっとりとしており、カサカサするといった乾燥を防げます。 ただ、合成添加物を使用した固形石鹸もありますので、内容成分を確認しましょう。 内容成分を気にしなければいけない敏感肌の人ほど、天然素材が使われた動物性洗顔石鹸が良いでしょう。